info

2019.12.23自死で遺された全ての人の集い 〜International Survivors of Suicide Loss Day〜

♪After the Rain初 主催イベントのお知らせです♪

自死で遺された全ての人の集い

International Survivors of Suicide Loss Day

海外ではInternational Survivors of Suicide Loss Day「国際自死サバイバーデー」と呼ばれる日があり、各国でメモリアルウォークやシンポジウムなどの取り組みが行われています。
家族や親しい人と過ごす時間の多いホリデーシーズンは、自死で遺された人にとって苦しい季節であることから、毎年アメリカではThanksgiving(感謝祭)の前の土曜日に開催されています。

そんな取り組みを名古屋でも実践してみよう!ということで、市民の皆さまが自由に集えるイベントを開催します。

日本では、クリスマス〜年末年始にかけてが、自死で大切な人を亡くされた方々にとって、最も生きづらさを感じやすい時期であるということに想いを寄せて、私たちAfter the Rain独自の、自死で遺された全ての方のためのイベントです。

After the Rainの理事、岐阜「千の風の会」の代表で、当事者でもある木下宏明氏をコーディネーターに、クリスマスや年末年始、様々な記念日における心の揺れ動きや周りの人の対応などについて、参加者の皆さまとお話ししたいと思います。
お茶を楽しみながら、あたたかく緩やかな時間を共に過ごしましょう。

日時 : 2019年12月23日  (月) 午後6時~8時

会場 : イーブルなごや 第一集会室(名古屋市中区大井町7-25)
                                                                                                                         地下鉄名城線「東別院」下車1番出口から東へ徒歩3分

参加費 : 500円を予定しています。(お茶菓子代程度)

ご参加についてのお申し込みは不要ですので、皆さま、どうぞ自由にご参加ください。
お問い合わせはAfter the Rain事務局まで。

尚、「自死遺族等当事者とそうではない人とが、分け隔てなく『共生』できる社会」を目指す私たちの志から、当日は、自死で遺された方だけではなく、After the Rainの活動にご賛同くださる全ての方にご参加いただけます。

*自死遺族限定のわかちあいの会ではございませんので、ご了承ください。